修道会の発展

1789年、ヌヴェール愛徳修道会には140の修道院がありました。フランス革命によってすべての共同体はなくなってしまいました…19世紀の初め頃修道会は再建され、新たな飛躍をします。

1866年にベルナデッタ・スビルーが修道会に入会する頃、シスターたちは260の修道院に分かれて活動しています。ある修道院は大きな教育施設あるいは病院を運営したり管理したりしていました。

1902年から1904年には、フランス共和国の教育の非宗教化法が採決され、シスターたちは教育施設から追放されました。修道会はシスターたちをフランス以外の国に修道院を創立するために派遣しました:ベルギー(1902)、スペインとイタリア(1903)、イギリス(1904)、スイス(1907)です。

1914年の第一次世界大戦後には、新たに日本に創立(1921)、チュニス(1925)にも創立されました。第二次世界大戦後にはシスターたちはアイルランド(1950)、コートジボワール(1957)に呼ばれました。チリ(1972)、グアダループ(1979)、タイ(1979)、ボリビア(1994)の非常に貧しい第3世界の声を聞くことによる創立もそれぞれ行われました。最も近いところでは韓国(1999)、ポーランド(2012)です。

今日、常に定まった住居のない人、泊まる所のない人、仕事のない人がいます。その人たちは読んだり書いたりできません。移民もいます…修道会は彼らと共に歩む組織の中で、修道会の主要な使徒職を果たしています。