その体

今日もなおベルナデッタの体は腐敗することなく、聖域の聖堂に安置されています。

教会はわたしたちにその証人となるように、そしてベルナデッタに出会いに来るようにと、声をかけています。
列福と列聖のための調査が何度も行われ、1909年、1919年、1925年に、埋葬されていた遺体は発掘され確認されています。
3度の調査とも、遺体は傷むことなく残っていました。
1925年に福者の列に加えられ、体は聖堂に移されガラスの棺に収められ、それ以来ずっとそこに眠っています。
ベルナデッタに出会うために、どうぞヌヴェールへお越しください。彼女の「唯一の師」であるイエスを見つめるようにと招く存在として、彼女はいつもここで待っています。
今日、世界中のあらゆる世代、あらゆる文化の人々が訪れるように、どうぞヌヴェールに来て、喜びや苦しみ、待ち望んでいることなどベルナデッタに祈りのうちに語りかけてください。
今はエスパス・ベルナデッタとなっている修道院はベルナデッタが実際に生きた場所。その場にしるされたベルナデッタの歩んだ足跡をたどるために、お越しください。