団体での巡礼

皆さまの巡礼を企画するのに役立つさまざまな提案です。ヌヴェール滞在の日程によって変更することができます。

「ベルナデッタのあしあと」 ガイド付き

この巡礼で、ベルナデッタに深い関わりのあるこの修道院の様々な場をゆっくりと巡りながら、ベルナデッタをますます知ることができます。 2日の日程であれば、理想的には3つのステップに分けてこの巡礼を行うことができます。

ステップ1 「呼びかけ…ルルドからヌヴェールへ」

洞窟、扉、紋章の刻まれた切妻壁に案内され、最初のステップをどう過ごしたかを振り返れるように、いくつかの問いかけがなされ、グループで分かち合いの時間もあります。

ステップ2 「ベルナデッタ、それは普通に生きることの聖性」

庭の花壇、修練院の集会室、水の聖母に案内され、このステップをどう過ごしたかを振り返れるように、いくつかの問いかけがなされ、グループで分かち合いの時間もあります。

ステップ3 「信頼の道」

聖ヨセフ小聖堂、聖十字架病室の礼拝堂、大聖堂に案内され、その後自由に過ごす時間があります。

このステップはグループでの分かち合いで終わります。 (注)「ベルナデッタの足跡をたどる」は、お一人でも行えます。1時間半から2時間を予定しておいてください。


 

映画『ベルナデッタ』の上映

25分間のドキュメンタリー映像です。資料の写真を多用し、ベルナデッタの世界へ、聖母マリアとの出会いの冒険の中へと入っていくことができます。ルルドからヌヴェールへ、ベルナデッタの信仰の道を共に歩みます。

このビデオは「ベルナデッタの足跡をたどる」巡礼への導入としても鑑賞できます。また逆に、滞在の最後に、この聖人が生涯に見たことのまとめとしても鑑賞することができます。

観賞後に感想を述べる機会もあります。


資料館を自由に見学(5~6人の小グループで)

資料館見学に先立ち、スタッフがあらかじめ案内をします。

出迎えてくれるベルナデッタの眼差しが、世界やわたしたちを取り巻く人々に今とは違った眼差しを向けるようにと、招いてくれています。

巡礼コースの一つである資料館は、ベルナデッタの生涯を見出す手助けをしてくれます。牢獄跡の家カショー、洞窟、ルルドの養育院、ヌヴェールでの生活… ベルナデッタの生涯のさまざまな場をたどらせてくれます。

写真や展示品から、ヌヴェールで過ごした13年間のベルナデッタが務めたさまざまな「仕事」を見せてくれます。


ミ サ

ベルナデッタが待っている聖域内の聖堂で、ミサにあずかることができます。

司祭がグループに同伴している場合は、聖域内で空いている場所と時間をミサのために予約できます。


祈りの時

霊的活動のスタッフは、ご希望によって、夕の祈りを準備するためにお手伝いいたします。

この夕の祈りの間は、グループでお過ごしください(30分程度を予定)。


遊び

(チーム分け、プレー時間変更可)

「ベルナデッタをもっと知ろう」大人向け : 聖ベルナデッタについてどれだけ知っているか、楽しみながらチャレンジできます。

「ヌヴェール愛徳修道会をもっと知ろう」子ども向け : 1866年にベルナデッタが入会した修道会の創立の物語にひたりきれるゲームです。


聖域の外を訪ねて